隣町に注目して家を購入しました

2018年7月10日 オフ 投稿者: parentinghome

私が物件選びを始めた時は、「この街に住みたい」という具体的なイメージがありました。
それは学生時代からの憧れの街で、いつかは絶対に住みたいと思っていた夢の街でした。
しかし人気のある街ですから、物件の金額の相場は高く、気に入った物件はさらに高い金額を払う必要がありました。
住宅ローンを組もうとすると、かなり無理なローンになりそうな予感がしました。
そんな時に妻が「隣町も見てみよう」とアドバイスをくれました。
憧れの町の中心から、行動半径を少し広げて歩いてみると、素敵な街がいくつもみつかりました。
そもそも憧れていた街は、人気が高すぎて観光地化し、騒がしくなっていました。
毎日住む家を購入する場所にふさわしいかどうか、疑問になってきました。
隣町なら、落ち着いた良い雰囲気の中で生活する事ができそうです。
もちろん憧れの街にも徒歩で遊びに行く事ができます。
物件の金額も安くなり、無理のない住宅ローンを組む事ができます。
こうして隣町の一戸建ての家を購入し、本当に良かったと思っています。